FANDOM



コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア はFPSゲームで、コール オブ デューティでは初めて第二次世界大戦の設定から現代世界へと舞台を移したものである。2007年4月12日に発表され、2007年11月5日にリリースされた。Infinity Wardが開発を手掛け、アクティビジョンから発売された。Windows、 OS X、 Xbox 360、PlayStation 3でプレイができる。Wiiバージョン(Call of Duty: Modern Warfare: Reflex Edition)はTreyarchによりポートされ、Call of Duty: Modern Warfare 2 for Xbox 360/PS3/PC 、Modern Warfare: Mobilized for Nintendo DSとともに2009年11月10日にリリースされた。本作には、コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2 コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3 という続編が存在する。  

ゲームプレイ 編集

コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェアは、それまでのコール オブ デューティ シリーズとは異なる作品となっている。以前のコール オブ デューティでは、異なる3つの国に特化したキャンペーンスタイルが展開されたが、コール オブ デューティ4 では、海兵第1偵察部隊のポール・ジャクソン軍曹、英国第22SAS連隊の「ソープ」マクタヴィッシュ軍曹という視点から展開する、より映画に近い物語となっている。プレイヤーが正体不明のAC-130ガンシップ操縦士や、ウクライナのプリピャチに設定された回想シーンの暗殺ミッションにおいてのジョン・プライス大尉といった他のキャラクターを操作できるような多岐にわたるミッションが用意されている。この近代戦への変遷により、アサルトライフル、暗視、50口径スナイパーライフル、C4プラスチック爆弾といった様々な通常兵器や技術がコール オブ デューティ シリーズに導入された。 

物語 編集

2011年、中東では、カレド・アル・アサドがクーデターを起こし、ロシアでは政府と超国家主義者との間の内戦が起こっていた。その頃、ギャズはBravoチームのリーダーであるジョン・プライス大尉に、SASの新人ジョン「ソープ」マクタヴィッシュ軍曹が同チームに参入したことを伝える。 

ソープは英国クレデンヒルにあるS.A.Sの訓練施設へと到着し、そこでギャズとともに簡易兵器訓練セッションを受講、プライス大尉と部隊との面会を果たし、入隊するためのCQBテストを受ける。

それからBravoチームは、エストニアの輸送機に搭載が疑われている核兵器を見つけるため、ベーリング海峡をひた進む。警備部隊を突破した後、チームは兵器を発見するが、敵のジェット戦闘機による銃撃によりかろうじて積荷目録を持って脱出することになる。その目録にはアル・アサドが兵器の持ち主であることが示されていた。 

革命を達成するため、アル・アサドは中東某国のヤシール・アルフラニ大統領を処刑する……。 

マルチプレイヤー 編集

コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェアは、「ハードコア」と呼ばれる新モードを搭載している。ハードコアモードでは、全プレイヤーの体力は100から30へと減少し、ヘッドアップ画面が消え、チームキルが可能となる。ハードコアライブラリには、Free-For-All、Team Deathmatch、Headquarters、Search and Destroyといった標準ゲームモードが含まれる。  

パーク 編集

コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェアには、さらに Perks system(パークシステム)が導入されている。 パークとは、ユーザーが自分のキャラクターを自分だけのプレイスタイルへとカスタマイズできる特別なアビリティのことである。各クラスでは、特定の3層内に異なる パークを3つだけ所持できる。 

武器 編集

プレイヤーは、プライマリ武器、セカンダリ武器、スペシャルグレネードを選ぶことができる。 

  • 第一武器:プレイヤーは、アサルトライフル、サブマシンガン、軽量マシンガン、ショットガン、スナイパーライフルの中から選ぶことができる。各兵器は2から7つのタイプから選べる。武器を選んだ後は、武器をカスタマイズするためのアタッチメントやカムフラージュも選べる。
  • 第二武器:オーバーキルパークを使用しているプレイヤーは、カムフラージュしなくても第二武器を選ぶことができる。
  • サイドアーム:ピストルのこと。ピストルは、オーバーキルが使用されていないときのみ選択可能である。
  • スペシャルグレネード:スペシャルグレネードには、フラッシュ、スタン、スモークの3タイプがある。
アタッチメントと武器カムフラージュ 編集

アタッチメントは一度に一つしか使用できない。ゲームでは、カムフラージュを用いて武器をカスタマイズすることもできる。森林地帯と砂漠がデフォルトオプションとしてあり、25、75、150ヘッドショットに到達した後、Digital、 blue tiger、red tigerがそれぞれ装備できる。すべての武器にred tigerカムフラージュを装備すると、プレイヤーはそのクラスではゴールデンカムフラージュが使用できなくなる。全アタッチメントと、あるケースにおいてはグレネードランチャーが、ピカティニーレールに搭載されている。  

動画 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki