FANDOM



コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア(Call of Duty: Advanced Warfare)は、ファーストパーソン・シューティングゲームであるコール オブ デューティ シリーズ の第11作目のシリーズ作品である。

Sledgehammer Games社がPlayStation 4、Xbox One、そしてPC版を、High Moon Studios社がPlayStation 3とXbox 360版の開発をそれぞれ手掛けた。

Template:W、Template:W、Template:W、Template:W版とPC版は2014年11月4日にリリースされた。3番目の開発元としてSledgehammer Games社を迎えて、3年の開発期間を経て完成した作品である。

ゲームプレイ編集

コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア は、次世代プラットフォームの力により、一新された装備、テクノロジー、パーク、ホバーバイクなどの車両や高度に特殊化されたドローンを装備し、新たなハイテクで先進の兵器庫やアビリティセットを備え、プレイヤーを未来の戦場へと誘なってくれる。また、プレイヤーは標準的な弾薬か、まったく新しいゲームプレイを可能にする指向性エネルギー兵器かを選ぶこともできる。さらに、戦力多重増強やかつてない戦術的自由度をもたらすエグゾスケルトン(強化外骨格)を有することで、コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェアは、あらゆる銃撃戦を展開する。

強力な強化外骨格により、戦士の戦闘準備態勢はあらゆる面で進化する。戦闘員の致死率は格段に下がり、特殊化の必要性はなくなる。このゲームプレイメカニックの導入により、プレイヤーの動作性、ジャンプ力と格闘能力の増大によって、跳躍力、潜伏場所の隠ぺい能力、圧倒的な強さ、意識力、忍耐力、スピードを備えたバイオメカニクスがもたらされた。強化外骨格と進化を遂げたアーマーや武器の登場により、これまでとは違い、あらゆる地域であらゆる兵士が戦術的自由を発令する。プレイヤーのプレイ方法が全モードを通じて根本から変貌する。

シングルプレイヤーモードでは、プレイヤーは新機能を備えた強化外骨格スーツをアップグレードするために使用できるポイントをミッションを通して獲得できる。

あらすじ編集

2054年、米海兵隊入隊から6か月後、ジャック・ミッチェル兵卒と彼の親友のウィル・アイアンズは、強大な北朝鮮侵攻軍を撃退するために韓国のソウルに配置される。ミッションは成功するが、ウィルを含む6,000名もの海兵隊員が犠牲となった。ウィルとともに実施した航空機を破壊する任務で、ミッチェルは炸裂した爆弾の破片で左腕を失うが、隊長であるコーマック軍曹によって助けられる。

ウィルの葬儀に出席する中、ウィルの父親であるジョナサン・アイアンズがミッチェルへと近づいて来る。アイアンズは、彼の所有する民間軍事会社であるアトラス社への入社をミッチェルに勧める。ミッチェルは了承し、ハイテク義手、エリート訓練、最新装備という「第2のチャンス」を与えられる。彼は、イロナ、ギデオン、ジョーカーという3人の社員と仲間になる。

マルチプレイヤー編集

アドバンスド・ウォーフェアのマルチプレイヤーもまた、いくつかの旧メカニックスの再登場が特色となっている。その一つがブラックオプス2のPick-10 Create-A-Classシステムだが、アドバンスド・ウォーフェアではスコアストリークがCreate-A-Classの一部分となっているため、Pick-13システムとなる。ゴーストのコンバットスライドも再登場し、コンテクチュアルリーンは使用できなくなった。

ゲームプレイのいくつかの新機能として、スコアストリークをカスタマイズできるようになり新機能を備えたが、前述の報酬を獲得するために必要なポイント数は増加している。任務を達成すると、サプライドロップを得るという新たな報酬システムが備わった。このシステムを使用した場合、プレイヤーに異なる希少な3アイテム、エンリステッド(一般的)、プロフェッショナル(珍しい)、エリート(レア)が与えられる。カスタム武器やプレイヤーがカスタムするアイテム、スペシャルケアパッケージまでのこれらのアイテムは、レインフォースメントと呼ばれ、戦いの終盤までプレイヤーはスコアストリーク、または2つのフリーランダムパークを使用できる。

ハードポイントとキャプチャーザフラッグを含むいくつかのゲームモードも、ブラックオプス2から再登場した。「アップリンク」と呼ばれる新モードも導入された。「モメンタム」は、コール オブ デューティ ワールド・アット・ウォーコール オブ デューティ3 の「ウォー」シリーズに基づく、改名版の再登場ゲームモードである。

アドバンスド・ウォーフェアでは、新オペレーター作成により、カスタマイズ機能が全体的に見直された。プレイヤーは、各登場人物の衣服をカスタマイズできる。コール オブ デューティ ゴースト同様、プレイヤーはマルチプレイヤーで男性か女性かを選べる。

EXOサバイバル編集

EXOサバイバルは、コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3でのサバイバルモードと、コール オブ デューティ ゴーストでのセーフガードに類似したラウンドベースのサバイバルモードである。1人から4人までのプレイヤーは、ラウンドを周回する毎に強くなる敵の来襲を生き延びなければならない。このモードでは、プレイヤーは敵兵と闘うために、マルチプレイヤーのエグゾスケルトンを使用する。

ゾンビ編集

EXOサバイバルの1、2、3段が完了すると、プレイヤーはリオットと呼ばれる4段のマップだけを解除できる。ラウンド10の終盤でマンティコーの打撃が始まり、それがきっかけとなって全プレイヤーが地面へと叩きつけられるそのわずか10秒間のイベントが起こるまでは通常の戦闘として開始される。全プレイヤーはラウンド11で再び動けるようになる。

ラウンド11では、プレイヤーはアトラス45から始まり、エクステンデッドマグを使用する。エグゾスケルトンは使用できない。おびただしい数のゾンビの群れがマップ周辺で出現し、プレイヤーを襲う。ゾンビを攻撃する武器は地上で手に入る。ゾンビには様々な変種がおり、エグゾスケルトンを装着したものもいる。ゾンビは集団攻撃しかできない。プレイヤーは、追加オプションが現れるまでの数分間を生き延びなければならない。プレイヤーが画面から消えると、予め用意されたスペシャルシーンが現れる。

ギャラリー編集

プロモーション編集

派閥編集

プレイヤーカスタマイズ編集

スペシャルエディション編集

動画(英語)編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki