FANDOM



コール オブ デューティ ゴースト(Call of Duty: Ghosts) は、ファーストパーソン・シューティング(FPS)ゲームであるコール オブ デューティ シリーズ の第10作目である。開発元は、Infinity Ward(インフィニティウォード)、Neversoft、そしてRaven Softwareである。

2013年2月7日に、コールオブデューティの新作が開発中であることが発表され、2013年5月21日、ゴーストはXbox Oneの発表の際に、公開予告動画により正式に発表された。 2013年11月5日、Xbox 360版、PlayStation 3版、PC版、そしてWii U版として、またPlayStation 4版とXbox One版のローンチタイトルとして発売された。

壊滅的な被害をもたらした大規模な惨事から10年が経過した。アメリカ合衆国は、もはや超大国としての力を失い、経済と政府機能は停止していた。アメリカの特殊作戦部隊の残存部隊であるゴーストは、自由や解放のためではなく、ただ生き延びるために技術的に勝る新興大国と戦うのである。

プレイヤーは銃を構えているとき、物陰から覗き見したり(リーニング)、スライディングしたりすることが可能だ。さらに、キャラクターの性別、所属を示す連隊記章、軍服やその他多くの要素をカスタマイズできる。 また、プレイヤーの影響を受けずに環境災害が自動的に作動するのではなく、プレイヤー自身が災害を作動させるというようにカスタマイズすることもできる。 

キャンペーン編集

コール オブ デューティ ゴーストの特長は、コールオブデューティの世界を踏襲しながら、設定やキャラクター、そしてシステムを一新したことである。今回もリニアな部分は残っているが、ミッションをわずかに変更する「イースターエッグ」があると言われている。本作の舞台は、戦火で荒廃したアメリカ合衆国である。ハイジャックされた衛星から発射されたオーディンの攻撃から10年後、そこには荒廃した風景が広がり、南アメリカ諸国が同盟した連邦に侵略されていた。 シングルプレイモードでは、ライリーという軍用犬の仲間や、宇宙での戦い、アメリカのエリート特殊部隊の生き残りである「ゴースト」部隊に焦点をあてた物語、他にも様々な要素が見所だ。

あらすじ編集

ゲームは、イライアス・ウォーカーが息子達に、ゴーストが生まれた伝説を語るところから始まる。その頃宇宙では、連邦が軌道防衛戦略(ODIN) ― 運動エネルギー爆撃を実行する軌道上の超強力兵器 ― の制御宇宙ステーションをハイジャックして、アメリカ合衆国南西部の複数の都市を破壊した。生き残ったアメリカの宇宙飛行士達は、自分達を犠牲にして宇宙ステーションを自爆させ、他のODIN衛星が内地にさらなる攻撃を加えることを防いだ。イライアスと二人の息子ローガンとデイビッド "ヘッシュ"は、壊滅するサンディエゴから辛うじて逃れたのだった。

マルチプレイヤー編集

コールオブデューティ ゴーストのマルチプレイヤーモードは、本作品以前のコールオブデューティシリーズにはなかった機能が導入されている。例えば、キャラクターカスタマイズ、ダイナミックマップ、スライディングや角からの覗き見といった多数の新しいアクション、より改善された環境との相互作用などである。スライディングは、他のコールオブデューティゲームでの伏せ撃ちと同じ方法で行うことができる。覗き見は、壁際に立ってADSボタンを押すとできる。さらにプレイ可能なキャラクターは、本作では物体を乗り越えるときに、特殊な動きをするようになり(実装している武器などが、画面から消えなくなった)、またコール オブ デューティ ブラックオプス2で可能だったうつぶせのときに這う動作も本作で復活した。コールオブデューティ ゴーストでは、以前の作品に比べ銃器が与えるダメージが大きくなった。つまりプレイヤーがすぐに倒されることもあるが、キル数も素早く稼ぐことができるのである。

ゴーストのマップは、これまでのコールオブデューティシリーズ作品のマップよりも広くなった。ChasmのバスやSovereignのハロンガスなど、変動する部分を含んでいるマップもある。さらに、今までよりはるかにカスタマイズできることが増えている。キャラクターの頭部、ヘッドギア、性別、軍服、その他多数の装備品を、プレイヤーが変更できるのである。

プレステージのシステム、武器のアンロック、アタッチメントも、まったく別ものになっている。 プレステージになるには、プレイヤーはスクワッドのメンバーをスクワッドポイントでアンロックし、レベルを60まで上げる必要がある。プレイヤーがスクワッド10名全員のレベルを上げると、全員マックスプレステージとなる。武器、アタッチメント、装備品をアンロックするには、プレイヤーは単純にスクワッドポイントで購入するか、特定のレベルになるまで待てばよい。プレイヤーはスクワッド一人ひとりの武器をアンロックしなければならない。

コールオブデューティ ゴーストを予約したプレイヤーは、フリーフォーオールというボーナスマップを手に入れることができる。

Nemesis DLCの更新に伴い、本作品に「フレッシュスタート」機能が備わった。コール オブ デューティ ブラックオプス2 のフレッシュスタートとよく似た機能である。フレッシュスタートを行うと、キャラクターのプレステージレベルが0、レベルが1から再スタートとなり、全戦闘の統計がプロファイルから完全に消去される(キル・デス率、勝敗率、お気に入り武器など)。このシステムへの大きな変更点は次の2つ。フレッシュスタートを使用するには、プレイヤーはできるだけ高いレベルに到達しなければならない(プレステージ10、レベル60を達成する)こと。そして、すべての武器の迷彩は、フレッシュスタートを使用してもなくならないということである。 フレッシュスタートをして、その後プレイすると、大抵プレイヤーの統計に深刻な影響を及ぼす。戦闘記録には過去の統計が反映されない可能性があるからである。

スクワッド編集

スクワッドは、ゴーストでの新しいゲームモードである。このモードでは、プレイヤーはAIの仲間やフレンドと一緒に、AIの敵と戦う。経験値は、マルチプレイモードとスクワッドモードでシェアされるため、スクワッドモードでのレベルアップは、マルチプレイのプレイキャラクターのレベルアップの助けにもなる。スクワッドモードには、5つのモードがある。


ギャラリー編集

プロモーション 編集

カバーアート 編集

スクリーンショット 編集

Concept Art 編集

動画(英語) 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki