FANDOM


 

コール オブ デューティ ブラックオプス2(Call of Duty: Black Ops II)BO2またはBLOPS IIとも表記され、Treyarch(トレイアーク)が開発し、アクティビジョンが発売したファーストパーソン・シューティングゲーム(FPS)である。今作はコール オブ デューティ シリーズ 9作目のメインタイトルで、2012年11月13日に発売された。コール オブ デューティ ブラックオプスの直接の続編にあたる。公式発表は2012年5月1日、NBAのプレーオフの試合の中で行われた。トレイアークが開発したゲームの中で、今作は初めて未来を舞台にしている。また、同開発元初のコール オブ デューティシリーズにおける続編制作となった。

また、今作はコール オブ デューティ シリーズで初めて、ニンテンドー Wii Uに対応した。北米、ヨーロッパ、オーストラリアではWii Uの発売日に同時リリースされ、日本ではWii U発売日から12日後の2012年12月20日に、日本語吹き替え版や他のプラットホームに対応したソフトと同時に発売されている。

コール オブ デューティ ブラックオプス2の公式サイトもNBAのプレーオフ期間中に全世界に向けて公開された。

ストーリー編集

ストーリーは2つの時系列で描かれている。一連の事件が起こった1980年代と、近未来の2025年である。ブラックオプスに登場したメインキャラクターたちの物語の続編にもなっており、前作の結末から数十年後を舞台にしている。

あらすじ 編集

2025年、デイビッド・メイソンとその相棒マイク・ハーパー率いるアメリカ軍特殊部隊は「天蓋」に到着する。そこはラウル・メネンデスの所在を知る鍵を握る人物、年老いたフランク・ウッズの暮らす天然の要害である。ウッズはメネンデスが最近訪れたことを認め、彼が置いて行ったロケットを見せる。そして、メイソンたちと出会う前に、軍で秘密裏に遂行した、いくつかのミッションについて語り始める。

ゲームプレイ編集

Choices in Black Ops II.png

プレイヤーの選択肢フローチャート

過去のコール オブ デューティシリーズで評判の悪かったリニア(一本道)なキャンペーンに別れを告げ、トレイアークはノンリニアなマルチエンディングとサンドボックス(箱庭)のスタイルをコール オブ デューティ ブラックオプス2に採用した。毎回リピートされる同じ結末の連続したミッションではなく、従来の一本道シナリオでは実現されなかった、「プレイヤーの選択によって結末の変わるキャンペーン」の採用である。

キャンペーンには、プレイヤーの決定が物語の結末を決定づける分岐点が存在する。「A、B、またはC」という単純なものではなく、より発展したものである。そして、多くの決断が生きるか死ぬかではなく、最終ミッションの成否を左右するものになる。例えば、特定のキャラクターを守らなかったり、殺したりすること自体はミッションの失敗につながらなかったとしても、物語のたどる道筋を変えることになる。(右のフローチャートを確認)

マルチプレイ編集

Create A Class Menu BOII.jpg

ブラックオプス2のクラス選択

コール オブ デューティ ブラックオプス2のマルチプレイは近未来の2025年を舞台にしている。マルチプレイ開発チームは「フリーサイズはしっくりこない」というアプローチでマルチプレイの前提に挑戦した。マルチプレイのクラス作成やキルストリークといったシステムを個別に取り出し、再検証している。クラス作成はPick 10に変更された。プレイヤーはまず10ポイントを所持し、それぞれ1ポイントを消費する武器、アタッチメント、パークをポイント内でやりくりする。今作ではワイルドカードが導入され、プレイヤーは最大3つ選ぶことができる。ワイルドカードはPick 10ルール以上のポイント使用を可能にし、3つのアタッチメントをつけたプライマリ武器や、1段目の2つのパーク、または複数のリーサルなど、より多くのポイントを消費できる。1ポイントはワイルドカード自体が消費し、ボーナスとして1ポイントがつく。

ゾンビモード編集

Zombies Menu BOII.jpeg

メニュー画面

コール オブ デューティ ワールド・アット・ウォーコール オブ デューティ ブラックオプスゾンビモードが多くの追加と改良を加え、コール オブ デューティ ブラックオプス2に復活した。ソロプレイエンジンではなくマルチプレイエンジンを使うことによって、従来の2倍のゾンビが襲来し、2倍のプレイヤーがプレイすることができる。搭載されたマルチプレイエンジンは、マルチプレイのみ可能だった多くのシステムをゾンビモードでも実現した。例えば、シアターモードなどの追加ゲームモードである。ゲームのプロモーションポスターでは、「12212012」とロゴの入ったキャップをかぶった女性が、ゾンビの首を持ち上げ、ウィンチェスター・ライフルを肩に担ぎ、右腿にウィンチェスターライフルと剣を吊るしていた。発売前には明かされなかった彼女の名は、後になってミスティと判明した。

ティザー目的の予告動画は、トレイアークがゾンビの画像をツイートする前に公開され、そこには自動操縦のバスがゾンビのはびこる都市を走る様子が映し出されていた。そして、全貌を明らかにする待望の予告動画が2012年9月26日に公開された。

2012年11月1日、デイビッド・ボンダーハーはXbox 360版とPlayStation 3版双方のモードメニューをツイッターで公開した。

ギャラリー編集

トレーラー画像編集

キャラクター編集

派閥編集

武器編集

乗り物編集

ロケーション編集

ガジェット編集

イベント編集

Campaign編集

マルチプレイ編集

ゾンビモード編集

制作舞台編集

メディア編集

コレクターズエディション編集

動画(英語)編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki