FANDOM


パークはマルチプレイに特化した強化要素である(対象は以下の作品:コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェアコール オブ デューティ ワールド・アット・ウォーコール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2コール オブ デューティ ブラックオプスコール オブ デューティ ブラックオプス(Nintendo DS)コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3コール オブ デューティ ブラックオプス2コール オブ デューティ ゴーストコール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェアコール オブ デューティ ブラックオプス3)。

パークはクラスのカスタマイズを可能にし、ゲームプレイに変化をもたらす。パークを装備することにより、装備、プレイヤーの装備の効果、プレイヤーが装備を使用する際のスピード、敵の装備の効果、プレイヤーが操るキャラクターの身体能力に効果を付与することが可能である。

コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア編集

初期から使用可能なパークもいくつかあるが、その他のパークはプレイヤーがマルチプレイランクを上げるとともにアンロックされていく。各種類から一つずつ、最大3つのパークを同時に装備できる。

コール オブ デューティ ワールド・アット・ウォー編集

コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェアと同じように、パークは装備、武器、アビリティに分類されている。乗物パーク、シェード、鉄の肺、偵察はWii版コール オブ デューティ ワールド・アット・ウォーでは使用できない。

コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2編集

コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2のパークの分類はコール オブ デューティ4ワールド・アット・ウォーとは異なっている。標準パークを使いながら特定の要求を満たすことにより、改善された"プロ"バージョンをアンロックすることができるのだ。これらの"プロ"バージョンはパークのオリジナルアビリティを引き継いでいるだけでなく、新しい能力も追加されている。

コール オブ デューティ4ワールド・アット・ウォーには存在したが、今はなくなっている多くのパークは、武器アタッチメントとして使用できるプロパークの一部として、またはディープインパクト(FMJ)、弾薬帯(スカベンジャー プロ)、殉教といったデスストリークに形を変えている。オーバーキルはセカンダリ武器のマシンピストルやショットガン、ランチャーに含まれたり、ワンマンアーミーや装飾銃といったパークに変化したりした。

興味深いことに、ゲーム中にパークチャレンジIVが達成された場合、"プロ"バージョンは即座にそのパークを装備しているすべてのクラスに影響を及ぼす。 しかし、プロバージョンの恩恵を受けるのは、リスポーンした後なのだ。各種類から1つずつ、最大3つのパークを同時に装備できる。各種類は青、赤、緑に色分けされており、各々1つしか装備できない。

コール オブ デューティ ブラックオプス編集

すべてのパークはレベル4になった時点で、購入してアンロックする。プロパークをアンロックするには、標準バージョンに関する3セットのチャレンジをクリアし、2000CODポイントを支払ってアビリティを購入する必要がある(プロバージョンのアップグレードにはさらに3000ポイント必要)。プロパークの見た目はモダン・ウォーフェア2に似ていて、パークマークの背景に星が現れる。

パーク1はプレイヤーの外見を決め、継続的にパッシブ効果を与え続ける。パーク2は武器のパフォーマンスを向上させる。パーク3はアクティブ、パッシブの両方が存在し、パーク1より状況に依存するタイプが多い。ブラックオプスで使えるパークは以下のとおり。

コール オブ デューティ ブラックオプス(Nintendo DS) 、 モダン・ウォーフェア3 デファイアンス編集

パークはコール オブ デューティ ブラックオプス(Nintendo DS)の特長の一つで、リスポーン中やメニューから選択できる。

プレイヤーがマルチプレイヤーレベルを上げる度に、パークはアンロックされていく。パークには以下のものがある。

これらのパークはコール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3 デファイアンス で復活をとげるが、今回は分類されている。どんなパークでもパークスロットに装着できたブラックオプス DSとは異なる。所定の種類のパークを使うよう、プレイヤーには制限が設けられた。

コール オブ デューティ ゴースト編集

コール オブ デューティ ゴーストに戻ってきたパークは7つのカテゴリーに分かれている。スピード、ハンドリング、ステルス、アウェアネス、レジスタンス、イクイップメント、エリートである。プレイヤーは最初の8ポイントを35のパークのどれかに振り分けることになる。パークに必要なポイントは1~5と幅がある。プライマリ武器、セカンダリ武器、リーサルおよびタクティカル装備に必要なポイントはすべて1だが、それらすべてを取り外した場合、12ポイントが利用可能になる。パークは、一定のレベルに達するかスクワッドポイントを使用することでアンロックされる。また、どのパークもスクワッドポイントを使用すればいつでもアンロックすることができる。

その他のゲームモードでのパーク編集

"トリガーハッピー"はセーフガードモード特有のパークで、"セルフリバイブ"はエクスティンクションカオスモードにしか存在しない。以下のすべてのパークはカオスモードだけに存在する。

  • トリガーハッピー
  • セルフリバイブ
  • メガ格闘
  • トラップマスター
  • ガスマスク
  • 動力を止めろ
  • クイックリバイブ
  • 高速回復
  • モアキャッシュ
  • 動力を止めろプラス
  • ジュースド
  • ダブルヘルス
  • 挑発

コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア編集

パーク編集

ワイルドカード編集

オーバーキル:プライマリ武器をセカンダリ武器スロットに装着する。

プライマリガンファイター:プライマリアタッチメントを3つセットできる。

セカンダリガンファイター:セカンダリアタッチメントを2つセットできる。

パーク1グリード:パーク1を2つセットできる。

パーク2グリード:パーク2を2つセットできる。

パーク3グリード:パーク3を2つセットできる。

タクティシャン:EXOランチャースロットにEXOアビリティをセットできる。

ボンバルディア:EXOアビリティスロットにEXOランチャーをセットできる。

ストリーカー:スコアストリークを4つセットできる。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki